記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーアンドボン/ウェルシュレディ レモンカード 発見

近年、レモンといえば「塩レモン」が流行っていたが、最近は「レモンカード」というものがるのをご存知でしょうか?

「レモンカードとは、レモン果汁にバター、砂糖、卵を混ぜて作る、英国生まれのジャムのようなものです
コクがあり、レモンの香りも爽やかでジャムとはまた違う食感で、食パンなどにつけたり、ヨーグルトやアイスクリームにかけたりして食べるとおいしいそうです

なぜレモンカードと思われたと思います、実は、朝、レモンを摂取することで、体内時計が活性化モードに切り替わりやすくなり、シャキッと目覚めやすくなるそうです
そんなところから、朝レモンが流行っているのです

そこで、体内時計という言葉を聞いた事がありませんか?
人間の体には、体内時計という生体リズムが備わっており、約25時間周期で動いているそうです
しかし、24時間ではないので、何もしないでいると勝手にずれていってしまうらしい、せっかく体内時計は、活性化の時間と、休息の時間を交互に繰り返すリズムを作っているのに毎日1時間ずれては、意味がない

ではどうしたらいいのかと言うと、朝、決まった時間に光を浴びたり、食事を摂ったりすると、刺激となり、体内時計はリセットされ、外部環境に体を適応することができます
しかし、朝、いつまでも布団をかぶって光を浴びなかったり、朝食を食べなかったりすると、体内時計がリセットされません
だから私のように、「朝スッキリ目覚められない・・・」「夜、寝る時間なのに全然眠れない・・・」Tなってしまうのです

そこで登場するのがレモンです
ポッカサッポロ中央研究所の研究によれば、レモンの香り成分「リモネン」を嗅ぐことやレモン果汁を摂取することで、体内時計を調節している「時計遺伝子」の働きが高まるのだそうです
つまり朝、レモンを摂取することで、体内時計が活性化モードに切り替わりやすくなり、スッキリと目覚めやすくなるそうです

さらに、朝食を食べることも目覚めに効果があるというので、朝、太陽の光を浴びながらレモンの朝食を摂ればより一層すっきりとした朝を迎えられるのです

だからレモンカードという訳です、しかし、このレモンカードは余り聞いた事が無く、手造りするしかないのかなと思っていたところ
ネットで、ビン詰めのレモンカードを見つけました、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

なお、楽天市場でお買い物をするときは、楽天カードを持っていると、お得です。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アルバイト求人探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。